クロレラ工業株式会社

NEWS

ア・ラ・カルト

夏ばてしない食事の仕方

夏の暑さにバテないためには、昼食をしっかり食べしましょう。高温多湿の時期は体力の消耗が激しいので、胃腸に負担をかけない食材選びがポイントになります。 昼食に添える1品 ノドの渇きを癒し、体の熱を...

詳しく
ア・ラ・カルト

中性脂肪を減らす食事療法

血液中の中性脂肪を減らすには、中性脂肪になりやすい砂糖を使ったお菓子やジュース、果物、アルコールを控え、脂肪を燃焼しやすくする適度な運動を行なうことです。食事制限だけで減らしますと、体力の低下...

詳しく
ア・ラ・カルト

中年太り解消のための食事療法

中年になって、ウエスト回りが気になり始めたら、体は霜降りになってきています。近い将来、病気にかかるリスクが高くなりますので、食べ過ぎや運動不足にならないようにしましょう。 体脂肪を増やさないポイ...

詳しく
ア・ラ・カルト

夏の太陽は危険がいっぱい

初夏の日ざしは、1年中でいちばん多くの紫外線が含まれています。冬の間、肌はメラニンの産生が少なく、紫外線に対する抵抗力が不十分です。紫外線は肌ばかりでなく、体内で活性酸素を増やし、老化を早めます...

詳しく
ア・ラ・カルト

下痢の食事療法

下痢による脱水症状を治療し、症状を悪化させないことが基本になります。香辛料や高脂肪食、アルコール、炭酸飲料、塩分などは腸を刺激しますので制限します。 腸に刺激が少ない食品 バナナやプルーンなどは...

詳しく
ア・ラ・カルト

痛風の食事療法

痛風は、金持ちだけの病気でなく誰でもかかります。最近、成人男性の4人に1人は予備軍の高尿酸血症で若年化傾向にあります。尿酸のコントロールは、肥満を予防する食事療法で効果があります。 食事療法の重要...

詳しく
ア・ラ・カルト

妊娠・授乳中の食事の仕方

妊娠中は母体の体重が増えるにつれてミネラルやビタミンの需要が増えます。日頃から隠れ貧血状態の女性は、母体ばかりでなく胎児の成長に影響を及ぼします。そのためにも鉄欠乏性貧血を予防することが重要に...

詳しく
ア・ラ・カルト

肝臓病の食事療法

フランスでは赤ワインを飲んでいるから心筋梗塞が少ないといわれますが、肝臓疾患は多いのです。肝臓を丈夫に長持ちさせるには、お酒の飲み過ぎや動物性脂肪を摂りすぎならないように気をつけることです。 食...

詳しく
ア・ラ・カルト

心疾患の食事療法

狭心症や心筋梗塞は、突然起こるものでなく、長い年月をかけて下地をつくり、生活習慣の身近な危険因子よって発症します。心疾患は、「食事療法」と「禁煙」「運動」で、コントロールができる場合が多いです...

詳しく
ア・ラ・カルト

高血圧予防の食事療法

血圧が高いと血管の老化が早く進み血管が詰まったり(脳梗塞・心筋梗塞・腎不全)、血管が破れたり(脳出血)しやすくなり、死亡の確率が高くなります。高血圧の一次予防は、食事面と日常の生活の工夫で予防...

詳しく