クロレラ工業株式会社

NEWS

豆知識

お年寄りの健康

パー爺さんの話

『オールドパー』というウイスキーのラベルのモデルは、トーマス・パーという実在した英国人農夫です。パー爺さんはなんと80歳で結婚し二人の子供をもうけ、さらに122歳で再婚。そして152歳まで長生きしたそうです。年をとってもパー爺さんのように若く元気でありたいものですね。

ボケ予防はできる

日本は世界トップクラスの長寿国ですが、65歳以上の15人に1人がボケ老人です。老人ボケが起こる主な原因は脳卒中とアルツハイマー病です。日本人は脳卒中によるものが多いのですが、原因不明のアルツハイマー病とは違い予防が可能なのです。

若年も熟年も同じだけ必要

脳卒中の予防にはまず脳の血管を丈夫にしましょう。たんぱく質を十分に摂ると柔軟で強い血管になります。厚生労働省が勧める一日のたんぱく質量は20代で70g、70代で65gとなり所要量に差はほとんどありません。それだけたんぱく質はお年寄りにとって重要な栄養素なのです。

鉄分やその他の栄養素も必要

鉄分の一日所要量は男性の場合20代で10gですが70代でも10gなのです。その他の栄養素も成人ではほとんど差はありません。しかし、お年寄りは粗食のうえ、さらにあっさりした食品を好む場合が多く、たんぱく質をはじめビタミン、ミネラル等栄養素が不足しがちです。お年寄 りこそ栄養豊富な食事を心がけたいものです。